スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業日記 「インターンを終えて」( たまご T ) 

たまご T です。

2月1日にインターンを開始してから、あっという間に終了を迎えてしまいました。

このブログにも書いていますように、普通に大学生活をしていて経験しないことをたくさん経験できました。

その代表が、大学生が普段1番しないであろう「政治家とず~っと一緒にいる」ということです。

政治家のイメージは変わったか?と言われれば、そんなに変わってはいません。ただ、政治家という仕事をまじめにしようと思えば、大変しんどい仕事であるということがよく分かりました。そして、議員の家族も大変で、家族の理解と支えがなければ無理なんだと分かりました。
逆にサボろうと思えば、選挙さえ頑張れば遊ぶ時間はたっぷりある仕事であることも分かりました。

仕事をちゃんとこなそうと思えば、信念とやらだけではダメで、議案に関係ある法律を理解しなければ、おかしいところも分からないし、おかしいところがあるとなっても、長年勤めている職員さんに法的にも論理的にも感情的にも勝たなければなりません

情けない話ですが、職員さんに質問を書いてもらっている議員がいることも事実だそうで、それは怠慢であるのは言うまでもなく、怠慢以前に資料を見て、発言を聞いておかしいところに気付かない、感性やセンスがない人が議員になっていることもあるのだと思います。

僕個人の意見ですが「政治家は心根が良心的で思いやりがなければならないが、手段はズル賢く、したたかでなければならない。そして、高いコミュニケーション能力、人(情報)が集まる魅力(ビジョン)がなければならない。」と思います。

最後に、今後の東大阪市についてですが、夏頃に市長選挙が行われますが、ほんとにややこしい状態になっています。

立候補表明者の中で一番分かりやすいは、元会社員で小沢一郎政治塾で学んだ「米田英教氏」です。
残り3人が、自民党関係で、現職の「松見正宣市長」、自民党を離党して無所属で立候補する東大阪市議の「野田義和氏」、府議会議員の「西野茂氏」が名乗りをあげています。
さらにややこしいことに、3人とも自民党に応援を要請していますし、西野茂氏の兄で衆議院議員の西野あきら氏は、現職の松見正宣市長を応援していて、どうなってるの?状態です。
自民党は3人の政策や方針をちゃんと聞かずに、早々に応援する人を決めてしまいそうな状況にあるようです。何を基準で応援するんでしょう・・・そんなんでいいのでしょうか・・・

僕はこの選挙に注目していきます。はっきり言って誰が相応しいのか分かりませんが、個人的な意見ですが、2ヶ月間刷新クラブ側から市政を見ていて・・・松見市長はどうかなと思います。

僕は門真市民なので投票する権利はありませんが、投票率が高くなるような、若い人が投票するような選挙にして欲しいです。

4月1日を持ちまして、ドットジェイピーによるインターンシップは終了しました。本当に良い経験ができて、少しは成長できたと思います。

青野よしあき議員、関係者の皆さんありがとうございました。

一応、定期的にブログは更新し続けるつもりですので、見てください。。。
スポンサーサイト

卒業日記 「自由民主党市政刷新クラブ」 

今回はこのインターン中に大変お世話になった東大阪市議会自由民主党市政刷新クラブのことについて、遅くなりましたが、議員の皆さんに感謝しながら御紹介したいと思います☆

市役所20階にある刷新クラブの部屋(議員さんのデスク)
20060330173518.jpg
部屋の奥にある応接セット
(ここのテレビで本議会・委員会の中継が見られる)
20060330173527.jpg


刷新クラブの所属議員さんは10人いらっしゃって、(詳しくはHPhttp://www.jimin-satsushin.jp/index.htmlを見ていただきたいですが)失礼ながら議員さん方をインターン2ヶ月間の私達の印象だけで一言ずつ言わせていただきますと・・・

浅川健造幹事長は、刷新クラブをまとめる、お茶目な政治家さん。
天野高夫議員は、司馬遼太郎氏に詳しく、子供に「昔」を伝える政治家さん。
石井イツオ議員は、政治経験豊富な刷新クラブの最長老。
上野欽示議員は、気さくでモメゴト作らなそうなベテラン政治家さん
河野啓一議員は、河内弁で優しく(?)市政を正す政治家さん。
佐野寛議員は、私達に1番最初に優しくしてくださった政治家さん。
冨山勝成議員は、私達にはリラックスを、役所には緊張を与える政治家さん。
鳥居善太郎議員は、刷新クラブの唯一の(?)二枚目政治家さん
横山純児議員は、筋を通すプライドを持ったブレない政治家さん。


部屋からの眺め
20060330173436.jpg


刷新クラブの皆さんは、市役所20階から東大阪市を見渡しながら、市民の代表として無駄なことをなくす為に、市政刷新の為に役所とたたかっています。

私達は2ヶ月という短い間でしたが、刷新クラブのたたかいを見てきました。しかし、民主主義政治というのは議員の多数派が勝つ政治であり、市民の多数派が刷新クラブを支持していたとしても、議員の多数派が反対であれば反対になってしまいます

選挙で選ぶ際に、議員の活動や成果をちゃんと見極めて投票すべきであり、市民も真剣に考えなければなりません。また若い人がちゃんと投票に参加すれば市政は変わると思います。

最後に、刷新クラブの議員さんのお世話(?)をしている女性Hさん、2ヶ月間私達の世話までしてくださってありがとうございました。ご迷惑おかけしました。

また刷新クラブに私達が参上するかもしれませんが、皆様よろしくお願いします。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。